カテゴリー
木曜

電話エッチ掲示板

チャットオナニー
電話エッチ掲示板でオナ指示されてね。
指を三本入れてみてって言われたんだけど、三本なんて入れたことないし、どの指を三本なのか分かんなくて「何指を入れればいいんですか?」って聞いちゃったの。
そしたら「もしかして、指入れたことないのかな?」って聞いてくるから「三本は入れたことないです」って答えたんだ。
「じゃ、何本くらいなら入れたことあるの?」ってさらに聞かれて「いつもは中指だけ・・・」って正直に答えたわけ。
「もしかして、処女かな?男の人としたことない?」って聞かれて・・・ここまではっきり聞かれたら正直に答えるしかなくて「処女です」って暴露しちゃったんだ。
電話エッチ掲示板で、相手が処女とか童貞とかどうでもよくない?
こっちも処女ってことでちょっとコンプレックスがあるから・・・人に言いたくないし、そういうこと聞かれたくない。
「電話エッチ掲示板でオナニーしちゃうんだから、セックスにも興味あるんでしょ?彼氏作らないの?」って踏み込んで聞かれた時、どうしようって思ったよ。
ブスで暗いからモテないだけ!ってぶっちゃけたかったよ・・・。
ブスでも彼氏がいる人多いけど、そういうブスってたいてい明るくて面白くて、盛り上げ上手だったり気づかい上手だったりするよね。
私、そういうのダメだもん。ブスで僻んで暗くて、盛り下げるような女、好きになる人いないでしょ・・・。
だけど、そんな現実、電話エッチ掲示板に持ちこむ必要ないし、電話エッチ掲示板で自分がブスなこととかモテないこととか・・・処女とか・・・どうでもいいじゃん・・・。
ボイタチ
ビアン

カテゴリー
木曜

電話エッチアプリ

電話エッチ
電話エッチアプリで知り合った女性と写真を貰いその写真を見て楽しむのが俺の唯一の気晴らしでした。可愛い下着姿もあれば、地味な下着。中にはその下着が欲しくて幾らで売ってくれると言いたい時もありましたが、それは変人と思われそうなので我慢。今日はテレビ電話で電話エッチアプリで知り合った女性と楽しんでいると彼女から「コロナで仕事がクビになったよ。本当はこんなことしないで在宅で出来る仕事を探さないといけないのにダメな私だね。」俺の仕事は在宅でも出来るから彼女が可哀想に感じました。冗談で彼女に「君の下着をくれるならお金を払ってもいかも。君を見るとますます変人になるよ俺。」「売る。でも綺麗じゃないよ。それでも良いの。」「正直洗濯していないほうがいい。」もう変態決定。だけど、彼女は送ってくれると言ってくれました。
そして、下着が届き俺はお金を送りました。本当に変態。だけど、臭いを嗅ぐとHな想像をして直ぐに勃って発散できてしまうからたまりません。
しかし、下着ばかり貰っても実際にはHが出来ているわけじゃない。Hを彼女と出来たらどんなに良いだろうかと思ってしまう俺は彼女に「実際に会えたら一番良いのにね。」と伝えると「そしたらもっとお小遣い貰えるの。」その言葉でやれると思いました。俺はあげると伝えると「コロナでも気にしないならやりたいし、お金も欲しい。」もう嬉しくなり数日後に彼女と会う約束をしました。
センズリ鑑賞
テレエッチ掲示板

カテゴリー
水曜

出会い系のセックス

セフレ募集
出会い系のセックスは甘いカクテルのような味わいでした。
結婚して10年が経過。
夫と子供と3人で生活をしています。
私の悩みと言えば、子供が生まれてからのセックスレス。
特に最近では、完全なセックスレスになってしまっていて、恥ずかしいのですが不満でした。
夫も子供もいない時間帯、1人で慰めてしまいます。
慰めれば慰めるほど、男性を求める気持ちを強くしてしまった私。
不倫とは違う、セフレなら・・・こういう考えを持つようになってしまいました。

 雑誌で見かけた出会い系が気になり、ネットで調べてみたところ、安全性が高く古くから運営しているところだと判明。
こちらを使って、夫が求めてくれないかわりに、求めてくれる男性探しを・・・。
こんな気持ちになってしまいました。

 多くの方たちとのやりとりの中で、とても安心出来る男性を発見できました。
38歳の人で、相手も既婚者。
相手の家庭もセックスレス。
「お互い、その瞬間だけ楽しむのはどうだろう?出会い系のセックスは、家庭内のセックス以上のものがあるよ」
言われて、その気になってしまいました。

 私に時間を合わせてくれ、昼間待ち合わせすることになりました。
セフレの車に乗せられて、初めての関係を作ることになりました。

 室内に入るなり後ろからきつく抱き締められて、胸がキュンとしました。
首筋を舐めてくる。
オッパイを服の上から触ってくる。
私の心が、どんどん燃え上がっていきます。
相手の人のオチンチンが硬くなっているのが伝わってきて、すごく卑猥な気分に。
正面を向いてキス。
少し荒々しく裸にされてしまったのです。

 抱かれていくうちに、とても熱い快楽が全身を包んで行きました。
それまでに感じたことがないような快楽。
この悦楽が、ずっと続けば良いのにと思いながら、男性の大きな肉棒を受け入れ続けてしまいました。

 出会い系のセックスで、違う自分を発見してしまったかもしれません。
私も知らなかった本当の私。
熱く燃え上がる快楽を求める私。
知り合った男性と、定期で待ち合わせをするようになりました。
恋愛感情は持っていませんが、とても信頼出来る人です。
この関係が、秘密のうちにずっと続けば良いと考えてしまっています。
出会い系で熟女を探す
熟女を出会い系でナンパ